未分類

「乗鞍ライチョウルート」誕生!

Posted on

【「乗鞍ライチョウルート」誕生!】2021年8月1日。中部山岳国立公園南部地域の最南端にある乗鞍岳(標高3,026m)の観光ルート、「乗鞍エコーライン」(長野県側)と「乗鞍スカイライン」(岐阜県側)の愛称が「乗鞍ライチョウルート」に決定しました! 国の特別天然記念物で、長野県と岐阜県の「県鳥」でもあるライチョウ。絶滅危惧ⅠB類で、温暖化のため今世紀末には生息環境が消滅するのではないかと言われている鳥です。ニホンライチョウ、温暖化で絶滅の危機~北アルプスでニホンライチョウの生息に適した環境は今世紀末にほぼ消滅のおそれ~ そんなライチョウがたくさん棲む乗鞍岳の自然環境を守るため、マイカー規制が行われたこの道路。ライチョウの名前を冠する愛称には、自然との共生に向けての願いや決意が込められています。 両県にまたがる愛称決定に伴い、来年以降は乗鞍観光センターと平湯バスターミナル間のe-Bikeの乗り捨てや、お車・荷物の回送試験運行なども計画中。 日本を代表する山岳リゾートとして、世界中の人たちに愛される場所にしてゆきたいと思っています。 8月1日には畳平で松本市・高山市姉妹都市提携50周年記念イベントが行われ、その場で新しい愛称が発表されました。 ライチョウたちがいつまでも健やかに乗鞍岳で生きてゆけることを、心の底から願っています。 詳細はこちら。 ▼環境省信越自然環境事務所 報道発表 ▼のりくら観光協会公式HP ※ライチョウの画像は増村多賀司さん提供

未分類

e-Bikeで畳平まで登りましょう!

Posted on

【ヒルクライムの聖地乗鞍岳でレンタルバイク!】 7月1日(木)から畳平(標高2702m)までのバス運行が始まります。これに伴い長野県側の乗鞍エコーラインは、畳平まで自転車の走行が可能になります。 ●開通期間は7/1〜10/31●開通時間は7月〜9月・6:00〜18:0010月・7:00〜18:00です。 ▼乗鞍山頂マイカー規制 ※お願い自転車の方で意外と多いのが、マスクと財布を車に置いてきたという方です。 いつアクシデントが起こるか分かりませんし、天候急変により途中の位ヶ原山荘や畳平の施設に入ることになるかもしれませんから、マスクとお金は必ずご持参ください。(位ヶ原山荘のトイレは100円が必要です) 一方、乗鞍観光センターでは、e-Bikeの貸し出しを行なっております。 e-Bikeの電動アシストは弱・中・強の3段階。観光センターから7kmの三本滝まで弱~中で走っていただきますと、畳平までアシスト付きで登ることができます。 e-Bikeのレンタルは▼1日8,000円▼4時間5,000円。またご自身で賠償保険の加入をされていない方はレンタル申し込み時に500円での加入をお願いしております。 なお、ヘルメットは無料で貸し出しておりますが、グローブは購入もしくはご持参ください。 ▼のりくら観光協会ブログ「天空でe-Bike」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【マウンテンバイク】 この他、乗鞍高原ではオフロードのトレイルライドが楽しめるマウンテンバイクのレンタルもあります。 ガイドと共に走る初心者コースから上級者向けツアーまで様々なプログラムがありますので、是非ご利用ください。 ▼乗鞍BASEレンタル・レクチャー・ガイドツアーあり!〜マウンテンバイク〜 ▼ノーススター乗鞍高原, 上高地のロッジ&アウトドアスクール | 宿泊とマウンテンバイクレッスン、ガイドツアー

未分類

7/14まで火水が定休日です

Posted on

乗鞍観光センターは7/14まで毎週火曜日と水曜日を定休日とさせていただきます。何卒ご了承くださいませ。 なお、7/15~10/31までは無休といたします。皆様のお越しをお待ちしております。